薬剤師人生、いつかは報われるさ!


by dsujigf6lz

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 河村たかし名古屋市長は、19日に開会した臨時市議会に、恒久的な市民税10%減税を実施するための条例改正案を提出した。市民税減税は市長の最大の公約で、市議会は昨年12月に一度は恒久減税条例案を可決したが、この3月には平成22年度に減税を限定する内容に改正していた。

 河村市長はまた、年間約1600万円の議員報酬を半減させる条例改正案も提出。これまで並行して成立を目指していた議員定数半減条例案の提出は見送った。

 議員報酬半減などをめぐって市長と議会側の対立は深まっており、恒久減税条例案の臨時議会での成立は難しいとみられる。市長の支援団体「ネットワーク河村市長」は、市議会の解散請求(リコール)に向けた活動を始めている。

強制わいせつ「市民の処罰感覚で」懲役8年判決(読売新聞)
父親は失血死と判明 大阪・枚方の刺殺事件(産経新聞)
沖縄通過の中国艦艇、その後に沖ノ鳥島近海へ(産経新聞)
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
<火山噴火>旅行者100人足止め 成田空港(毎日新聞)
[PR]
by dsujigf6lz | 2010-04-27 17:57
 神奈川県教育委員会が県立学校生徒に実施したセクシュアル・ハラスメントに関する平成21年度アンケート調査で、生徒から県教委に届いた回答が前回(18年度)の約6・6倍に上ったことが20日、分かった。ただ、被害件数は前回とほぼ同程度で、県教委は「啓発を行った結果、セクハラを認知する生徒や関心を持つ生徒が増えた」と分析している。

 調査は、県立高校と県立特別支援学校高等部の生徒約12万人を対象にアンケート用紙を配布。回答を原則無記名で、県教委に直接、郵送する形で実施した。

 回答した生徒は、調査対象の2・0%(前回0・3%)の2383人(同362人)。このうち、自分または他の生徒が被害を受けたと回答した生徒は216人(前回202人)で、県立学校でセクハラがあることが改めて分かった。

 自分が被害を受けた生徒に、どのような行為かを尋ねたところ(複数回答)、(1)「必要もないのに体を触られた」22・8%(2)「性的なからかいや冗談などを言われた」20・2%(3)「『女(男)にはまかせられない』『男(女)のくせにだらしない』などと性別により決めつけられた」13・1%−だった。

 前回は(1)「性的なからかいや冗談などを言われた」25・0%(2)「必要もないのに体を触られた」22・0%(3)「携帯などで性的なメールや画像を送られた」9・9%の順で、今回は性別による決めつけをセクハラと認知した生徒が増加したとみられる。

 こうした行為を行ったのは「生徒」が最も多く半数以上を占めたが、「先生」も21・5%、「部活動指導者」も9・3%いた。県教委は「引き続き啓発を行い、被害生徒を救済する体制を強化する。加害者が教職員であることは絶対に許されない」としている。

【関連記事】
学生へセクハラ疑惑…元日経の田勢氏、早大教授辞めていた!
「キャバクラなら客になる」女子少年院でセクハラの教官処分
「下着の色は何色?」 東大がセクハラ准教授を諭旨解雇処分
好きでたまらん!定年近い交通課長がセクハラ
スカート指定?全裸で廊下に?ツアコン残酷物語
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

文部科学省、公立学校の耐震化に予算配分(産経新聞)
教員人事権5市町が受け入れPT 大阪、連休明け発足(産経新聞)
<将棋>甲斐が女流初タイトル(毎日新聞)
息子夫婦をナイフで刺す 60歳父親を逮捕 警視庁(産経新聞)
開成山野球場リニューアルオープン=福島県郡山市〔地域〕(時事通信)
[PR]
by dsujigf6lz | 2010-04-23 03:18
 【ワシントン=小林弘平】鳩山首相は12日午後(日本時間13日朝)、ワシントン市内のホテルで中国の胡錦濤国家主席と約50分間会談した。

 首相は東シナ海のガス田共同開発について、「いまだ具体的な進展がない。早期の交渉開始のため、主席自ら関係部局に指示を出してほしい」と述べ、開発の段取りを決める条約締結交渉の早期開始へ決断を促した。

 胡主席は「引き続き日中間で接触を保持し、ともに環境作りを行っていくことを希望している」と答えるにとどめた。これに関連し、首相は海難救助の捜索、防衛当局間の海上での連絡といった「危機管理メカニズム」の構築を提起した。

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件の容疑者逮捕に関しては、首相が「中国側の努力を評価する」とした上で、両国の刑事当局間の協力を通じた真相解明を求めた。両国の閣僚レベルで「食の安全」を定期的に協議する「日中食品安全推進イニシアチブ」の早期設置にも意欲を示した。

 会談では、首脳の相互往来を通じた「戦略的互恵関係」の充実でも一致。中国の温家宝首相の今年上半期の来日、その後の鳩山首相の上海万博に合わせた訪中を引き続き調整していくことも確認した。

 首相は、中国での日本人死刑囚4人の刑執行に言及しなかった。

ISS 女性4飛行士の写真を公開 同時滞在の新記録(毎日新聞)
65歳以上、過去最高の22.7%(医療介護CBニュース)
競争激しい旧試験(産経新聞)
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
<天然記念物き損容疑>「シカ売れば金に」 新たに1人逮捕(毎日新聞)
[PR]
by dsujigf6lz | 2010-04-20 13:59
 北海道教職員組合(北教組)による民主党の小林千代美衆院議員=北海道5区=陣営への不正資金提供事件を受け、道教育委員会は来週にも公立学校の全教職員約4万5千人を対象に組合活動の実態調査を始める。7日の教育委員会で明らかにした。

 道教委は理由について「教育の信頼を取り戻すため」としているが、北教組が支持する民主党は「教育現場の混乱につながる」と反発している。

 道教委によると、道内の札幌市を除く公立の小中高校と特別支援学校の計1900校の教職員(校長を含む)を対象に聞き取り調査する。拒否した場合には職務命令を出し、明確な違反行為があれば処分も検討する。

 調査は「勤務時間中の組合活動」「教職員の政治的行為」など8項目。学校の備品を組合活動に使用したことがあるかや、選挙運動のビラ配りをしたことがあるかなどを尋ねる。

【関連記事】
神奈川県教組の基金から“8億円消える”
谷垣総裁「不祥事に民主党は誰も責任を取らない」
トップと足並み?居座る小林議員 小沢氏発言で首相も“転換”
世論、小林議員、女性スキャンダル…小沢襲った“三重苦”
みたび北教組の深い闇 日教組の「学校分権」の理想郷は「モラル」なき北海道にあり

道路予算 民主要望、9割反映 参院選“苦戦”の県、優先(産経新聞)
進次郎氏VS亀井氏 「郵政」巡り因縁バトル(スポーツ報知)
美濃まつり 和紙の里に力強く春の声 華やか「花みこし」(毎日新聞)
馬が駆け上がるたびに歓声=三重県東員町〔地域〕(時事通信)
先生6割「心の不安」 大阪府の公立学校 勤務長い、仕事多い(産経新聞)
[PR]
by dsujigf6lz | 2010-04-14 10:15
 10月末での運航休止が全日空から打診されている米子−名古屋便について、鳥取県の平井伸治知事は7日、運航継続が厳しい状況にあるとの見通しを明らかにした。平井知事は9日、愛知県の副知事とともに東京の全日空本社を訪れて運航継続を要望する。

 運航休止の打診は搭乗率の低迷などを理由に3月10日にあり、県は同16日、藤井喜臣副知事らが米子市や境港市、島根県などの関係者らと全日空を訪れて継続を求めていた。

 同便は昨年4月、それまでの1日2往復が1往復に減便。11月にダイヤが夕方に変更されたことなどから搭乗率が低下し、12月は28・4%に落ち込んでいた。

 ダイヤは県の要望などで1月からやや早まり、利用キャンペーンの展開などもあって、搭乗率は1月30・8%、2月43・3%、3月56・2%と回復している。

 ただ、10月31日での運航休止の場合、全日空から国土交通省への届け出期限が今月30日に迫っていることから、県は運航継続について「楽観はしていない」としている。

【関連記事】
全日空・伊東社長に聞く 国際・国内を一元化 業務や人材の効率化進める
全日空、国内・国際線の一元化で効率化推進
全日空、貨物子会社2社を7月統合
日航、全日空 コスト削減へ小型機導入活発化 高速度・低燃費 搭乗率も改善
出るのは水かお茶…機内サービス“悲しい変化”の中身
「中国内陸部の資源事情とは…?」

コンビニ強盗3万円奪う 大阪・淀川(産経新聞)
2年連続の減少 09年度のゲーム市場規模(産経新聞)
<普天間移設>「沖合案」撤回申し入れ 社民と国民新(毎日新聞)
「心痛めている」と謝罪=黄元書記、拉致被害者家族と面会(時事通信)
本番たのしみどすえ 「鴨川をどり」衣装合わせ(産経新聞)
[PR]
by dsujigf6lz | 2010-04-09 00:11
 新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターで特別天然記念物のトキがテンに襲われ9羽が死んだ事故を受け、環境省は5日、動物や建築学などの専門家でつくる検証委員会(委員長・斉木悦男弁護士)を発足させた。同市で初会合があり、委員からは「天敵対策が甘すぎる」などの厳しい意見が出た。今月27日までに会合を3回開き、事故原因の究明と改善策をまとめる。今秋予定される3回目の放鳥は、検証結果を踏まえて判断するという。

 事故は3月9日夜から10日朝にかけて発生。同センター野生復帰ステーションの順化ケージ内で、3次放鳥に向けて訓練中のトキ11羽がテンに襲われ、うち9羽が死んだ。

 同省の調査で、08年1月には順化ケージ内にイタチが、09年2月には繁殖ケージにテンが侵入していたことが判明。関係者間で情報が十分に共有されていなかった。また、順化ケージの金網の網目が、設計寸法(天井部4センチ四方、側面部2.5センチ四方)より大きい個所が265カ所も見つかるなど、構造上の問題点も浮上している。

 この日の会合では、同省や新潟県の担当者から、07年に順化ケージが完成した際、テンなど小動物の侵入が可能かどうかを検証する動物の専門家の立ち会いがなかったことなどが報告された。委員からは、今後の対策として「すき間をふさぎ、その後も定期的に検査すべきだ」「モニターを通してではなく、目視でトキの様子を確認できるようにしてはどうか」などの意見が出た。【畠山哲郎】

 【ことば】順化ケージ

 野生復帰に向けて、放鳥される人工飼育のトキに、自然界に近い環境で飛翔(ひしょう)や餌の取り方、天敵からの退避などの訓練を行う施設。07年3月に佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション内に完成。鉄骨と金網を組み合わせた巨大な「鳥小屋」で、高さ最大15メートル、広さ約4000平方メートル(縦約80メートル、横約50メートル)。中には棚田や池、木などが配置されている。放鳥前の数カ月間をここで過ごす。これまでに延べ46羽が過ごし、うち28羽が放鳥された。

【関連ニュース】
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
小沢環境相:14日に佐渡トキ保護センター訪問
トキ:産卵の可能性…佐渡で営巣のつがい1組 環境省
トキ:石川の動物園で産卵 佐渡から分散飼育
トキ:富山から福井へ 飛来地で最南西

前田日明氏「出るなら比例」(スポーツ報知)
日本の医療制度を守るために(医療介護CBニュース)
シー・シェパード 監視船が下関入港 水産庁が調査(毎日新聞)
日米密約 外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委(毎日新聞)
官邸報道室の金澤調査官が退職=9内閣見守る(時事通信)
[PR]
by dsujigf6lz | 2010-04-05 23:01
 欧州の製薬会社から輸入した新型インフルエンザワクチンのうち、約30億円分に相当する234万回分が31日、使用期限を迎えた。だぶつく国産ワクチンと合わせた余剰は約1億回分に上るが、今後使用される可能性は乏しい。多くは期限切れとともに廃棄される見通しだ。
 厚生労働省は同日、新型インフルエンザ対策の検証を行う会議の初会合を開く。有効性が疑問視された空港での水際対策などに加え、ワクチンの輸入についても議論する。
 同省によると、使用期限を迎えたのはノバルティス社(スイス)と購入契約を結んだ2500万回分の一部。同社製ワクチンは使用期限が製造から半年と短く、今夏までに順次期限を迎える。
 政府は国産ワクチンの不足を補うため、同社のほかグラクソ・スミスクライン(英、GSK)とも7400万回分の契約を締結した。両社からの輸入費用は計約1126億円に上る。
 輸入ワクチンは、当初2回の予定だった接種回数が1回に変更されたほか、国内販売承認が今年1月にずれ込み、出荷時期は既に流行のピークを過ぎていた。接種希望者は見込みを下回り、出荷は3995回分にとどまっている。
 同省はGSKと2386万回分の解約で合意したが、ノバルティス製を含む残りの約7500万回分をめぐる交渉は難航。国産ワクチンも3000万回分程度が余っているとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
英社ワクチンの3割解約=新型インフル、257億円分
ヒトへ侵入優先か、抗体防御か=新型インフルと季節性の違い解明
児童ポルノ担当を新設=検視、危機管理も体制強化

山手線外回り、運転再開=JR東(時事通信)
東京都議会、築地移転予算案など可決(産経新聞)
医療紛争の裁判外解決で初会合=ADR機関が情報交換−厚労省(時事通信)
<普天間移設>政府案「月内」断念 米の反応厳しく(毎日新聞)
容疑者拘束、日本政府も確認=情報提供要請へ−ギョーザ事件(時事通信)
[PR]
by dsujigf6lz | 2010-04-01 03:43