薬剤師人生、いつかは報われるさ!


by dsujigf6lz
 未解決の殺人事件などを捜査する特別捜査班が昨年11月、警視庁に発足した。捜査がストップしている未解決事件(コールドケース)について、最新の科学技術を駆使したり、捜査資料を掘り起こしたりして解決を目指すのが狙いだ。その成果に期待したい。

 特捜班は、殺人事件などを扱う警視庁刑事部捜査1課内に設置された。正式な名称は「特命捜査対策室」といい、捜査経験の豊富なベテラン刑事38人で構成されている。

 警視庁捜査1課は、約350人の刑事が在籍し、同庁の捜査部門では最多の規模だが、日々発生する殺人や強盗などの凶悪事件の捜査に追われ、長期的に未解決事件を追いかけることは困難だ。

 コールドケースは、殺人の時効がない米国で、フロリダ州警察に初めて設置されたのをきっかけに、全国の各警察に広がった。日本ではロサンゼルス市警察の強盗殺人課特捜班がよく知られている。

 ロス疑惑の銃撃事件では、ロス市警が事件から27年経過した一昨年2月、元会社社長(同10月に自殺)を逮捕して、脚光を浴びた。

 警視庁の特捜班もこれをモデルケースにしたもので、当面は約50件の未解決の殺人事件などを再捜査する。ただ、すでに専従の捜査班がある事件は対象外という。

 このところの科学捜査の進歩は目覚ましく、特にDNA鑑定の精度は以前に比べ格段に高い。また、鑑識技術も年々向上しており、これらの科学捜査技術を導入して、もう一度捜査を検証することが犯人検挙につながる可能性がある。

 被害者心理を配慮する世論の高まりなども特捜班設置の大きなきっかけとなった。殺人などの重要凶悪事件の公訴時効(現在殺人時効は25年)撤廃論議も特捜班構想に拍車をかけたといえよう。

 時効といえば今年、国松孝次警察庁長官狙撃事件と八王子・スーパー射殺事件が相次いで時効を迎える。このうち国松警察庁長官事件は、公安部の捜査だが警察トップが狙われるという衝撃的な事件だっただけに、警察当局としては何としても犯人を検挙したいところだろう。

 特捜班では、時効が迫った事件については特に力を注ぎたいという。「逃げ得は絶対に許さない」「事件の迷宮入りを極力避ける」という捜査側の強い意気込みを感じる。

 警視庁の刑事部長は特捜班の発足式(昨年11月2日)で、「捜査にやり残しがなかったか洗い直し、一件でも多く事件を解決したい」と抱負を語った。科学技術と刑事の目で難事件解決に邁進(まいしん)してもらいたい。

 警視庁管内ではないが昨年11月、島根県立大に通う学生(香川県出身)のバラバラ遺体が広島県の山中で発見された残忍で凶悪な事件は、3カ月たった今も有力情報がなく、捜査は難航している。警察の真価が問われる事件である。

 コールドケースを専門とする捜査班設置は、捜査員が多い警視庁だからできたが、最近は事件もグローバル化し、凶悪な事件は大都市ばかりではなく地方に拡散している。

 警視庁だけでなく、徐々に全国に広げていくのが理想ではないか。(論説委員)

民家で高齢夫婦? 遺体=近くに遺書、自殺か−警視庁(時事通信)
自己判断で2割がタミフル服用中止 500人調査結果(産経新聞)
替え玉殺人の中国人妻に無期懲役 1件無罪、1件は傷害致死認定(産経新聞)
普天間移設 候補地、政府内で徳之島が浮上(毎日新聞)
菅氏発案「平日にデートができる財務省に」(読売新聞)
[PR]
# by dsujigf6lz | 2010-02-03 04:06
 自民党の大島理森幹事長は27日午前、党本部で歴代の党幹事長経験者(現職国会議員のみ)と会談し、次期参院選比例代表候補として焦点になっている山崎拓元副総裁(73)、保岡興治元法相(70)、片山虎之助元総務相(74)の公認問題について、「3人とも同じように判断したい」と述べた。「片山氏のみ公認すべきだ」という参院執行部の考えに否定的な見解を示したものだ。

 会談で大島氏は「片山氏に地元の岡山選挙区での出馬を進めたが固辞された」と説明。「丁寧な手続きを踏んだ上で、時間をかけずに判断したい」と述べた。

 会合では「3人のうち1人だけ認めてはならない」など、片山氏のみを特別扱いしないよう求める声が続出。「70歳以上の有権者も多く、今後の課題として『70歳定年制』という党の内規は見直すべきだ」(武部勤元幹事長)という意見も出たが、最終的に3氏の処遇について、党執行部の判断に委ねることで一致した。

【関連記事】
山崎拓氏「公認なければ離党」 引退報道は否定
谷垣総裁側近の2人が対立 ベテラン議員処遇問題
山崎、保岡両氏の非公認確認 自民の参院選候補
片山元総務相の「例外」は困難 比例出馬で自民執行部
「高齢者の意見を代弁」自民・片山元総務相は出馬意欲満々

普天間移転の候補地徳之島 地元町長は官房長官と面会拒否(J-CASTニュース)
小沢氏会見「家族名義」「現金保管」詳細語らず(読売新聞)
福知山線事故 当時の支社長ら「不起訴不当」の議決(産経新聞)
税収減でも積極予算 22年度・都原案 一般歳出1.9%増の4兆6289億(産経新聞)
小沢氏、何を語るのか…きょう事情聴取(読売新聞)
[PR]
# by dsujigf6lz | 2010-02-02 05:05
 衆院は25日の本会議で、自民党の鳩山邦夫元総務相の裁判官訴追委員辞職を許可した。後任の訴追委員には同党の山口俊一元副総務相を選出した。鳩山氏は母親からの巨額の資金提供問題の責任を取って、すでに政治倫理審査会長など党の全役職を辞任している。

【関連ニュース】
自民党:資金提供問題で鳩山邦夫氏聴取を検討へ
資金提供問題:鳩山元総務相 贈与税5億円余を納付
鳩山邦夫氏:実母からの資金提供 贈与税納める考え示す
鳩山元総務相:母親からの資金提供「使途は問題ない」
自民党:資金提供問題で鳩山邦氏聴取検討へ

土地所有は陸山会との「確認書」、作成日を偽装(読売新聞)
<春の臨時列車>前年比9%減…JR旅客6社(毎日新聞)
「官房長官のマスコミ批判おかしい」自民・浜田氏(読売新聞)
「いきなり府市解体」大阪市長が橋下構想に疑問(産経新聞)
<イカ型ロボ>小型軽量化した新型2種が完成(毎日新聞)
[PR]
# by dsujigf6lz | 2010-01-31 14:18
 東北楽天イーグルス前監督の野村克也氏が24日、自民党大会でゲストとして講演し、「私は『勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』と言い続けてきた。勝っては反省はあまりしない。そこに落とし穴があったのではないか」と述べて、長期政権にあぐらをかいてきたことが自民党の「敗因」と解説した。

 そのうえで「恐らくみなさんは(プロ野球の)巨人の心境だったと思うが、上に立てば必ず足を引っ張りにくる人たちがいる。気を引き締めて捲土(けんど)重来、頑張ってください」とエールを送り、会場から盛んな拍手を浴びていた。【木下訓明】

土佐電 通行手形手渡す「安全」今も活躍(産経新聞)
<伊達市長選>仁志田昇司氏が再選(毎日新聞)
自民党大会 ノムさん敗因分析「負けに不思議の負けなし」(毎日新聞)
<平川市長選>元市議会議長の大川喜代治氏が初当選(毎日新聞)
<脳死臓器移植>国内86例目終了(毎日新聞)
[PR]
# by dsujigf6lz | 2010-01-30 00:22